シージャ・イ・メサ 関東デビュー

  • 2017.03.13 Monday
  • 17:47

シージャ・イ・メサ 関東デビュー

 

東京 耕心館、茨城県 チャンガラカフェでのライブは、

おかげさまで両日とも満席のうちに終了しました。

応援に来てくださった方、ありがとうございました☺

 

ギタリストの夫、智詠とのユニット

『シージャ・イ・メサ』を組んで四年。

県外では初めてのお披露目。

 

気合い入れていたところ、、、

本番4日前に、真後ろからバイクに追突されるという

アクシデントに見舞われました!

なんともなくてよかった〜、と思っていたら

だんだん右手が上がらなくなり😱

翌日は頭痛と背部、肩首の強張りが出現😓

うまく腹筋が入らないという状況が続き😵

気持ちは焦るばかり…😰

 

そんな中、今は東京で頑張っている松山出身の

カンテの織田洋美さんと合流。

彼女とは8年ぶりの共演で、伊予弁での会話を楽しみながら

痛みに対する不安を紛らわし、3人の《チームえひめ》で

2日間のライブを乗りきりました。

 

3/11の耕心館は、とても立派なお屋敷。

柱と梁をうまく利用してリフォームされ

和と洋が溶け合ったステキな空間でした。

時期的に、かわいらしいお雛様がたくさん

飾ってあったのですが、鑑賞する時間なく…

ゆっくり見たかったなぁ〜

と横目に見ながら帰路に着きました。

 

チャンガラカフェは、いつも写真で見ていた

アボリジニアートをバックに、踊れる幸せを噛み締めながら、

コンテンポラリーダンスを交えた即興舞踊とフラメンコ

そしてフォルクローレで踊り歌いました。

 

バックのアートから、溢れでる不思議な力をいただき

前日までの強張りが少しず溶けだしていくようでした。

 

最後は、お客様と一緒にセビジャーナス。

かなりの盛り上がりに、痛みも忘れて楽しんでいました。

そして、何よりお客様からたくさんよろこびをいただきました。

ありがとうございます(*´∀`*)

また、みなさんにお目にかかれる日を楽しみにしています(*≧∀≦*)

 

最後になりましたが、

耕心館スタッフのみなさま、

チャンガラカフェの大貫さんご夫妻とスタッフのみなさま、

コンパネを貸してくださった卓さん、

そしてきっかけをくださった高橋さん、

素晴らしい時間を本当にありがとうございました。

 

たくさんのステキな出会いに感謝します✨😌✨

 

 

耕心館


 

チャンガラカフェ










 

 

やっと

  • 2017.03.13 Monday
  • 14:21

先日、椿姫出演メンバーで打ち上げをしました!

みんな口々に「楽しかった」「とてもためになった」「貴重な機会をいただいた」

と充実したステージだったことをもの語っています。

今回私たちにとって初めてのオペラ。

みんなそれぞれに悩みながら、作品作りをしていきました。

1幕 冒頭、ビオレッタの魂が自分の家を彷徨い歩くというシーン、

観てくださった方はビオレッタの腹筋と早替りに驚かれたことと思います。

実は、あのビオレッタはラ・シージャのメンバーの高村江里香さんが演じました。

普段は踊るという形ありきのこと、今回は形にとらわれないように心で表す、

その結果が形として現れる、というとても難しい課題に挑み、苦労の甲斐あって成し遂げました!

2幕2場のジプシーの占いのシーンでは、

私は占う人、「あの男はダメだね!浮気してるよ!」

手相で暴いてカップルが揉めるきっかけをつくる。

4人のジプシー女たちは、浮気された婦人と責められる侯爵をせせら笑う、

遠くのお客様にまでそれが伝わるよう恥ずかしがっている場合ではないと、

顔の筋肉も使ってみんなでお芝居頑張りました!

普段やらないことをやるのは大変だけど、

みんなとても楽しんで役になりきっていました。

もうひとつのニュースは、

当日愛媛マラソンに参加し、本番に臨んだ強者、石河智子さん。

どうか舞台に参加できますように…ケガのないように。

様々な思いで待っていました。

そんな心配をよそに、堂々記録を更新!!

さすがです。お疲れさまでした( ◠‿◠ )

みんなで楽しんだ舞台、この機会を与えてくださった

オペラえひめの方々本当にありがとうございました。

久しぶりにクラッシック音楽をたっぷり聴いて、

ダイナミックで繊細、つい口ずさみたくなるメロディの美しさに

魅了され癒されました。




La traviata 『椿姫』

  • 2017.02.13 Monday
  • 23:41

 

2/12日、ひめぎんホールでの「オペラえひめ」主催の公演『椿姫』
おかげさまで無事終了しました。
応援にお越しくださったみなさまありがとうございました。

 

第一幕では主人公ヴィオレッタの「影の存在」としてソロで舞い、

第二幕の宴のシーン「私たちはジプシーの娘たち」では占い師として、

ラ・シージャの群舞で出演、「私たちはマドリードから来た闘牛士たち」では、

マタドールに扮した伊集院史朗さんとペアで踊りました。

...

初めてのオペラの舞台、色々なことを学ばせていただきました。
毎回のお稽古で演出の井原先生からの一言一言は、まさに目からウロコ…。
役をつくり上げる過程は悩みながらもとても楽しい作業でした。

合唱を聴けば参加したいと思い、オケの音が入ればブラスバンド部だった中学時代を思い出し、

久しぶりに楽器を触りたいと忘れていた感情がよみがえりました。
そして、第一幕「乾杯の歌」では一緒に歌いたい!と歌詞も少し覚えました。

 

本番ぎりぎりまで調整を続け、一体感のある舞台に立ち会わせていただいたことは、

私にとって非常に大きな経験でした。
もっとできることがあった、ある!!またやりたい!
とまだヤル気です。

 

今回、貴重な機会をいただいた豊田先生をはじめ「オペラえひめ」のみなさま、

舞台スタッフのみなさま、そして「椿姫」に取り組むにあたり、

最初にレクチャーをしてくれた藤本美穂さん、本当にありがとうございます。

 

 

二幕二場より占い師と闘牛士

 

 

 

初オペラ『椿姫』

  • 2017.02.08 Wednesday
  • 15:12

 

 

2/12(日)ひめぎんホール サブホールで開催の『オぺラ 椿姫』(オペラえひめ主催)に

ソロとラ・シージャの群舞で出演させていただきます。

 

男性舞踊手には、日本を代表するバイラオール伊集院史朗さんをお迎えして

パレハ(ペア)でも踊ります。

 

踊りだけでない、色んな要素を必要とされるストーリーのある舞台。

その難しさを日々感じています…。

 

でも、フラメンコをフラメンコ以外の舞台で活かすことは以前からやりたかったこと!

毎回のお稽古は刺激いっぱいで、とても楽しいです。

いつもと違う立場と角度から、たくさん勉強させていただいています。

 

今回は、生徒たちと一緒に踊れることもうれしいし、

みんなで悩みながらの練習も、とても充実しています。

 

どんな風に仕上がるのか、まだ自分でもわかりませんが。。。

今週末2/12は、私にできることをやりたいと思います。

 

ソロ、パレハ、久しぶりの群舞
体調整えて、はじめてのオペラ

 

ガンバリマス 筋肉ちゅん手矢印

 


 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM